Komonsの香りの作り方 ~香りのピラミッド~ について

Komonsの商品は、さまざまな自然精油と香料が複雑にブレンドされています。

また、その香りは時間の経過や気温によって少しずつ変化します。その日の体調によっても香りの感じ方が変わるという感想を頂いたこともあります。

今回は、そんなKomonsの香りの作り方についてのお話です。

「香りのピラミッド」について

香水(精油の香りも含む)には「香りのピラミッド」と呼ばれる3段階の区分けの考え方があります。

それらは、それぞれ「トップノート」・「ミドルノート」・「ボトムノート」呼ばれ、時間ごとに変化する香りを表す言葉です。

「トップノート」は香りを付けてから5分から10分以内の香り。

おもに柑橘系や、フルーティな香り、ハーブ系精油(ユーカリ・ラベンダー・レモングラスなど)といった軽やかですぐに揮発(蒸発)するタイプの精油が該当します。

「ミドルノート」は香りの中心となる30分から1時間くらいの香り。

主にフローラル系(ローズ・イランイラン・ジャスミン・ネロリ)や、スパイス系(ジンジャー・カルダモン・ブラックペッパーなど)です。

香りの特徴となる重要なパートで、調香師が最も表現したい部分にあたります。フレグランスの心臓部とも言われています。

「ボトムノート」はそれ以降に香る「残り香」。

主に動物性の香り(アンバー・ムスク・バニラなど)や、ウッディ系(サンダルウッド・シダーウッド・モス・パチョリなど)。

最も揮発するのが遅い成分の香料で、持続性が高く、より目立つ香りといえるでしょう。

ファブリックミストの香りについて

Komonsのあらゆる商品の香りも、「香りのピラミッド」の概念をイメージしながら調香しています。

例えば、ファブリックミストは、衣類やソファにスプレーした際に、すぐに匂いを打ち消しフレッシュにするために、香りがすぐに立つベルガモットや柑橘などのTOPを強めにブレンドしています。

そしてMIDDLEにはフローラル・ウッディー系の香りを複雑にブレンド。少し時間経過と共に香りが立ち上がり、心地よい香りが保たれるようになっています。

実は、Komonsの全ての商品ページにはこの香りのピラミッドを用いた香りの解説が掲載されています。

この機会に、普段ご愛用頂いている商品や購入を検討して頂いている商品の香りのこだわりをすこし覗いてみて頂けると幸いです。

おすすめ商品一覧